投資とは

投資と聞いて、一般的に思い浮かべられる事は「ハイリスク・ハイリターン」や「ギャンブルに近いもの」といったネガティブなイメージが付きまとうものです。
しかし、投資活動は紀元前の時代から脈々と受け継がれ、発展してきた人類の活動の1部です。
「目には目を、歯には歯を」で有名なハンムラビ法典にも、投資に関する法が存在するほどで、人々の活動と発展に欠くべからざるものと言えます。

現代では、投資=お金儲けという印象が強いものですが、その本質は「生産力を大きくする」という点にあります。
この為、実際には様々な事例が挙げられるものです。
例えば、日本の歴史で言えば遣唐使のような外交活動に投じた資金も、国をより良く発展させる為の投資活動と言えるでしょう。
今も人気が高い巨大な戦艦の数々も、海上優勢を盤石にして勢力圏を維持・拡大する為の活動でした。
現代の例では、教育も生徒の人生を発展させ、ひいては地域や国を発展させる為の活動です。

このように、投資を行う事により様々な活動が活発になり、物事が拡大発展していきます。
例えば、株式に資金を投じると、資金を調達できた企業は新しい設備を購入したり、商品開発を積極的に行えたりと、活動の資金源として運用する事ができます。
そうして得られたより大きな利益を、資金を投じてくれた方々に配分する。
配分された資金を更に新しく投じるという循環により、資金を調達した企業が更に拡大発展していくという好循環が生じるのです。

ただし、必ずしも投資による成果が得られるとは限りません。
事業の失敗や、事件の発生等、思わぬ形で資金を投じた先が躓いてしまう事もあるからです。
これは関係者にとっては悲劇そのものですが、それ以外の人々の拡大発展への渇望を消し去るものではありません。
人類は拡大発展への飽くなき欲求があります。
その欲求の表れである様々な事業と、事業に対する期待が投資という活動に繋がっているのです。