アマダや住友商事に投資をする利点は

アマダや住友商事に投資をする利点としては、ちょっとやそっとのことでは倒産をしてしまうという心配をしなくて済むということにあります。
もちろん、投資の世界では何が起こるかはわかりませんから、大企業が倒産をしてしまって株券が紙くずになってしまうということもありえます。
確率の問題で言えば規模の小さな会社よりもアマダや住友商事のほうが安全性が高いといえます。

アマダは金属加工機械の国内首位級であり、一般的にはあまり馴染みがないかもしれませんが、板金機械などで非常に有名な企業となっています。
時価総額も4000億円近くあり、株価も低迷していた時期を抜けだして1000円台で推移をしています。
そのため、ある程度の値幅を取ることも期待できますし、値幅を取りつつも配当を受け取るといった長期保有を目的とした投資に向いています。

住友商事は住友系の総合商社だけあって、非常に規模の大きな卸売業者です。
時価総額も一兆円を超えていて、仕手筋などに狙われる恐れというのも少ないものとなっていますから、株価を操縦しようとしているグループに翻弄されてしまう恐れもありません。
株価にしても1-1500円の間で推移をしているので、それなりに値幅も取りやすいため投資をしやすい銘柄となっています。

このようにどちらもその業界で大きな規模を持っている企業となっているので、急な業績不振によって投資した金額が全てパーになってしまうという心配をしなくても住む銘柄となっています。
しかし、だからといって何も考えずに投資をすればいいということではなく、売買のタイミングをしっかりとはかり目論見が外れた時には損切りをするといった計画性を持って投資をすることは重要です。